ダイブマスターコースのなかの必修海洋実習です。

ディープ・サーチ&リカバリーのスケジュール

ディープダイビングのシナリオ

ディープダイビングで、下記の課題を達成する

・ダイビング前に緊急用呼吸器材を準備し、安全停止の位置に設置する。
・バディと離れないように注意し、潜降速度をコントロールしながら、ライン・壁・傾斜した水底を指標として使って潜降する。
・指標ラインまたは指定した場所から少なくとも20キックサイクル分の距離を、コンパスを使ってナビゲーションしながら往復する。
・深度計と時計、またはダイブコンピューターを使って浮上速度を確認しながら、指標ライン・壁・傾斜した水底を指標として使って、1分間に18m以下の速度で浮上する。
・水面に出る前に、指標ラインにつかまらずにポジションを維持しながら、3分間の安全停止を行なう。

 

手順

潜降(指標のある自由潜降)
コンパス(方向確認しながら移動する)
最大深度18m以深(20m前後)
COM(減圧不要限界の時間確認)
コンパス(方向確認しながら移動する)
安全停止(ホバリング)
浮上

 

サーチ&リカバリーのシナリオ

以下のようにダイビングポイントをセッティングし、プレダイブ準備を管理する

様々なサーチ&リカバリーのシナリオで、下記の課題を達成する

・水中に沈んだ小さな物体を探すのに適したサーチ方法をデモンストレーションする。
・重さ10キロ以下のマイナス浮力の物体を探すのに適したサーチ方法をデモンストレーションする。
・水中で、バウライン・ツーハーフヒッチ・シートベントを正しく結ぶ。
・適切なリフトバッグを使って、重さ10キロ以下のマイナス浮力の物体をリフトバッグに結びつけ、安全に水面まで持ち上げる方法をデモンストレーションする。

 

手順

潜降(指標のある自由潜降)
サーチ方法の練習(バディー同士でスパイラルサーチパターン)
ロープワークを3種類行なう(バウライン・ツーハーフヒッチ・シートベント)
リフトバッグ(バディ同士で4キロ以上の物体を持ち上げる)
浮上

※ロープワークは事前に予習をしておくと当日スムーズに行なえます。パパラギ各店にてインストラクターと御相談下さい。

参加資格 ダイブマスタートレーニング中の方

 

日程

2018年
12/16(日)
2019年
1/12(土)、2/10(日)、3/23(土)、4/14(日)、5/11(土)、6/16(日)、7/20(土)、8/4(日)、9/7(土)、10/20(日)、11/16(土)、12/15(日)
2020年
1/11(土)、2/9(日)、3/21(土)

講習料金 ¥16,250
行程 

パパラギ伊豆店 9:20集合
AM:1ビーチ PM:1ビーチ  
ログ付け→17時頃伊豆店解散

※表示価格はすべて税抜きです。

※ホームページ上の内容は、諸般の事情等により変更となっている場合がございます。お申し込みの際の最終基準は店頭にて発表しているツアー表、その他の印刷物などで訂正等行っていますので、必ずお問い合わせの上ご判断頂きますようお願い申し上げます。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求