パパラギ エコ活動宣言!

クジラ

 

かながわプラごみゼロ宣言とは

海洋汚染が今、世界規模で大きな社会問題となっています。2018年夏、鎌倉市由比ガ浜でシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられ、胃の中からプラスチックごみが発見されました。

SDGs未来都市である神奈川県は、これを「クジラからのメッセージ」として受け止め、持続可能な社会を目指すSDGsの具体的な取組として、深刻化する海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題に取り組みます。

プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止・回収などの取組を、市町村や企業、県民とともに広げていくことで、2030年までのできるだけ早期に、リサイクルされない、廃棄されるプラごみゼロを目指します。また、こうした取組を通じて、SDGsを多くの方々に「実感」していただけることを期待しています。

詳しくはこちらをご覧ください

 

題

パパラギでの取り組み

◆MY ボトル◆

“クジラからのメッセージ”にもあるように、日々海へ流れ出るプラスチックごみが深刻な問題になっています。

このまま行くと、2050年には魚よりもプラごみの方が多くなってしまうという試算もあるほど。

パパラギでは私たちが出来ることとして、ペットボトルの使用を少しでも減らすために、環境に対して同じ信念を持つKlean Kanteenとのコラボレーションでステンレスボトルを作成、まずはスタッフが使用することから始めています。

ボトル

伊豆店にはマイボトル用のドリンクコーナーを設置して、ドリンクを海に持っていけるようにしています。

また、パパラギ各店で使用するコーヒー用プラスチックマドラーをすべて自然素材のものに変更しました。

私たちのフィールドである美しい「海」を守るため、まずはできることからはじめます!!

※ステンレスボトルは、パパラギ各店でも販売をしています。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求