泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ

ライセンス取得を決意した泉さん。しかしシーズンは秋。海洋実習の予定は11月です。
でも大丈夫、ダイビングは夏だけのものではありません。
まったく体が濡れないDRYスーツを着れば快適に冬の海に潜れるんです。しかも冬の海は青く澄んでキレイ!

 

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ①

 

泉さん:
ありきたりなイメージですが「冬は潜れない」と思っていました。でもカラダが濡れないスーツがあるって聞いてダイビングをする期間も場所も、選択肢の幅が自分が思ってたよりずっと広くて、すごく面白いなと思いました!

 

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ②

 

というワケで小渕instからドライスーツとは?と説明を受けて俄然ヤル気の泉さん。
さっそくオーダーする事になりました。

今回はダイビングスーツメーカーの中でも人気、ワールドダイブ社製のドライスーツをチョイス!

さっそくモデルや裏生地などのスーツのグレードから選んでいきます。
小渕instも自分のスーツのように楽しくなっちゃって女子ふたりでワイワイ始まりました。

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ③

 

これがもう楽しくて楽しくて、悩み始めると「1着じゃ足りない!」なんて言葉も出てくるほど(笑)

DRYスーツは基本、フルサイズオーダーなので採寸をして出来上がりまでは約2週間。
受け取る時にはDRYスーツの着方・脱ぎ方をプロから習います。

 

何がいいって服にすぐ着替えられるコト!

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ④

 

ジャジャーン!出来上がりました、泉さんのイメージ通りだというDRYスーツがこれ!
最近人気の左右非対称のデザインに花柄の生地をチョイスするなんて!やっぱり浜で着るスーツですからカラフルなデザインがいいですね。

 

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ⑤

 

泉さん:
DRYスーツの何がいいって、海から上がったあとスーツを脱いだら普段と変わらない服ってこと!乾いた格好で休憩できるって快適ですよね。

そうなんです、DRYスーツって画期的なダイビングギアですよね!
ダイビングと言えば南国で水着+WETスーツのイメージが強いのですが、冬のキレイな海を快適に潜るにはDRYスーツが必需品。

今回はライセンス取得の時からDRYスーツにチャレンジしてくださった泉さん。持ち前の運動神経?と常にポジティブな姿勢は見ているこちらが楽しくなるほどでした。
DRYスーツを手に入れたという事は、これから世界中どこの海でもシーズンを問わずに潜れるという事。水中世界をとことん楽しんでくださいね!

 

泉ひかりさん、ドライスーツで冬の伊豆へ⑥

 

夏はもちろんWETスーツで身軽に潜りに来てください。
水中という無重力の世界での動きがパルクールの新しい動きのヒントにもなるといいなぁ。さらなるご活躍を楽しみにしています!

 

 

 

 

資料請求と各店へのお問い合わせ

※下記に入力フォームが表示されない場合は、こちらをクリックしてください。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求