ダイビングライセンス取得の費用、相場とショップによる違いは?

ダイビングライセンス取得の費用、相場とショップによる違いは?
ダイビングライセンスを取得しようと思った時に、まず心配になるのは費用がいくらかかるのか?ということだと思います。

ここではダイビングライセンス取得費用の内訳や相場、受講をする場所やダイビングショップによる料金の違いについて解説します。

ダイビングライセンス取得コース費用の内訳

水中イメージ

ダイビングライセンスと言っても、取得するランクによって違いがありますが、ここでは最初のライセンス(オープンウォーターダイバー)の費用について説明します。

費用の内訳は、下記の様になっているのが一般的です。

●講習料金

学科、プール、海洋実習での指導料です。

●海洋実習費

海での講習に参加する際の諸経費です。 日本の海では、漁協が管理している場所でダイビングをすることが多いので、漁協への管理手数料や入海料なども含まれます。

●施設使用料

プール浅場

プール講習は、スポーツクラブなどにあるダイビング専用プールで行います。施設使用料には、プールの利用料と海に行った時の施設(シャワー、トイレ、更衣室など)の使用料が含まれます。

●教材

マニュアル

指導団体によっても多少変わりますが、一般的にはテキスト、DVDなどを使用します。

●ライセンス申請料

Cカード

PADIなど、ダイビング指導団体へのダイビングライセンス(Cカード)発行申請料金です。

●器材レンタル代

水中マスクやウエットスーツなど、ダイビングをするのに必要な器材のレンタル代です。 シリンダー(空気ボンベ)や潜るのに必要なウエイト(鉛でできたおもり)も使用しますが、この2点は海洋実習費に含まれることが多いです。 プール実習、海洋実習でそれぞれ必要になります。

●宿泊代

通常、海洋実習は2日間で行いますので宿泊をして受講すると体も楽ですし、のんびり受講できます。 一泊二日の朝昼食付きが一般的ですが、プールから続けての2泊3日のプランもあります。 もちろん、それぞれを日帰りの講習に参加する場合には必要ありません。

●食事代

宿泊料金に含まれない、昼食などです。学科の時は外へ食べに行ったり、プールでは自分で昼食を持参することも多いです。

 

ライセンス取得キャンペーンはこちら

 

ダイビングライセンス取得費用の相場

器材

オープンウォーターダイバーコースを受講する場所や、ショップによって差がありますが、一般的に上記のすべてを含んだ総額では5万円~8万円台が相場となっています。

費用の違いについては、下記をご覧ください。

ショップによる費用の違い

バディー

ダイビングライセンスの講習は、PADIやNAUIなどの指導団体のカリキュラムに沿って行われるので、講習自体の内容は場所やショップによる違いはほとんどありません。 それでも、講習料金がまちまちなのは、なぜでしょうか?

 

◇コース内容での違い

水面

初心者レベルのダイビングライセンスと言っても、一般的に取得する人が多いオープンウォーターダイバーと、その半分のプログラムで取得できるスクーバダイバー(指導団体によって名称は違います)があります。

オープンウォーターダイバーに比べて、スクーバダイバーの資格は潜れる深度や必ずインストラクターと一緒に潜らなければならないなどの条件があります。

 

スクーバダイバーは、旅行先の短い滞在期間で受講する場合に選ぶ人もいますが、日程が短い分、料金は安くなります。

(ただし、後からオープンウォーターダイバーにランクアップする場合は、再度受講料金が発生します)

「ダイビングライセンス取得」と言ってもどちらのランクか明記されていない場合は、必ず確認をするようにしてください。

 

ライセンス取得キャンペーンはこちら

 

 ◇受講する場所での料金の違い 

水面

海外や沖縄では限定水域講習と言って、浅場の波がない海でプール講習の内容を行うことが多いです。 また、海の施設もショップのトイレや更衣室を使う場合が多いため、受講料金は比較的安くなります。 ただ、旅費を含めると逆転することもありますから、そこも含めて考えると良いでしょう。


◇参加人数による違い

OWFUN

指導団体によって一人のインストラクターが担当できる受講生の上限は決まっていますが、その中でも実際の講習に参加する人数はダイビングショップによって変わります。

最大で4名としているショップと、8名のショップでは、当然違いがあります。

また、マンツーマンの場合はプラス料金になるショップもあります。


◇含まれるものの違い

花フィン

指導団体によって一人のインストラクターが担当できる受講生の上限は決まっていますが、その中でも実際の講習に参加する人数はダイビングショップによって変わります。

最大で4名としているショップと、8名のショップでは、当然違いがあります。 また、マンツーマンの場合はプラス料金になるショップもあります。

 

ライセンス取得キャンペーンはこちら

 

◇購入しなければならないものの違い

GUAM器材

ダイビングショップによって、講習に参加する際に器材の購入(一部の場合もあります)をしてもらっている場合もあります。

その場合は、講習料金は低めに設定されていることが多いようです。

オープンウォーターダイバーコースの場合、学科・プール・海洋実習で4日~6日の期間での受講が一般的です。

費用内訳で説明をした内容と、インストラクターの人件費などを考えると1万円前後などのあまりに安い料金の場合は、それプラスの費用や器材の購入義務があるものと考えた方が良いでしょう。

 

以上、ダイビングライセンス取得の費用について説明をいたしました。

ダイビングを始める際は、表面上の料金にまどわされることなく、総額・スクールの通いやすさ(場所やお店の雰囲気)、ライセンス取得後もダイビングを続けやすいか?などを考えて一番自分に合ったショップを選びましょう。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求