鹿児島 奄美大島

鹿児島 奄美大島

サンゴ礁に魚影も濃く、さらにはマクロ生物も豊富な「水中生物の宝庫」ともいえる奄美大島へ。

生物の宝庫 奄美大島

奄美大島は鹿児島県本土と沖縄の間に位置する、日本で3番目に大きい島。230種のサンゴ生息している水中には多くの生物が育まれています。

島を取り囲む複雑なリアス式海岸にはサンゴ礁が広がっており、ボートダイビングだけでなくビーチダイビングも楽しめます。

クマノミ、ニシキテグリ、ハナヒゲウツボやカメなどダイバーに人気の生物をじっくり観察しやすい島とも言われています。宿泊するホテルの目の前はビーチなので、アフターダイブもビーチでのんびり。満天の星空を眺めてみたり…。


ツアー最終日には島内観光も。マングローグ原生林をカヌーでめぐるツアーも開催予定。陸も水中も奄美大島の素晴らしさを是非肌で感じてみてください!

ビーチダイブも外洋ダイブもイイとこどり!

入り組んだ海岸線の奄美大島はおだやかなビーチが多くありダイビングにはもってこい。そして沖縄にも負けないサンゴ礁があることは意外にもまだ知られていない。日本でも屈指のコモンシコロサンゴの大群落があったり、サンゴの種類も約220種と多く、その数は沖縄並みといわれる。 サンゴ礁、白砂、泥砂、ガレ場などさまざまな環境に合わせた生物が生息している奄美大島。フォト派にも垂涎のハゼ類も豊富!ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどフォトジェニックな生物にも会える魅力的な海がここにはあるのです。

真上からの太陽の光りがスポットライトのように。幻想的な水中世界を満喫しよう。
サンセットダイブでニシキテグリのペアリング(産卵)も見られるかもしれない。

ツアーの最終日には島の自然を体験するネイチャーツアーも開催(オプショナルツアー)。

アフターダイブは、常夏ビーチでのんびり

スケジュール

初日 昼頃 奄美大島へ到着
午後 1ダイブ(オプション)
2日目 午前中 2ダイブ
午後 1ダイブ(オプション)
3日目 午前中 2ダイブ
午後 1ダイブ(オプション) BBQ(オプション)
4日目 午前中 ネイチャーツアー(オプション)
夕刻 奄美大島15時頃発の便で羽田空港へ

※ホームページ上の内容は、諸般の事情等により変更となっている場合がございます。お申し込みの際の最終基準は店頭にて発表しているツアー表、その他の印刷物などで訂正等行っていますので、必ずお問い合わせの上ご判断頂きますようお願い申し上げます。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求