沖縄本島 サンゴ移植

ツアー日程

沖縄本島 サンゴ移植

大きく育ってほしい!サンゴの苗。

サンゴの海を残したい!

温かい海の浅瀬に広がる色とりどりのサンゴ礁。様々な生物が住み、卵を産む、生物多様性の宝庫。

そんなきれいな海を、次の世代にも残したい!
温暖化による海水温上昇や、開発行為などによって陸上の赤土が海中に流入すると、サンゴ礁に致命的なダメージを与えます。日本が誇る「リゾートアイランド沖縄」でも、大規模なサンゴの白化や死滅が見られています。
サンゴ移植は、私達の手でこれからもずっときれいな海を守るための活動です。

自分のサンゴを植え、10年後、20年後もきれいな海を残し、美しいサンゴの海でダイビングをいつまでも楽しめるように。ダイバー一人ひとりにできることから、始めてみましょう!

どこでできる?サンゴ移植

移植できる場所は、沖縄本島の那覇より少し北側にある嘉手納でできます。ダイビングポイントとしては、港から沖に1Kmの船で10分くらいの「北谷沖シチャゾネ」という場所。移植ポイントは地形や水流など、サンゴが成長するのに適した様々な要素をクリアした場所を選定し、海域の漁業協同組合から許可を受けなければなりません。

 

How to サンゴ移植

1、まずは、木槌とノミで岩に穴をあけます 2、ヘチマで隙間を埋めサンゴの苗を固定します。
3、自分で植えたサンゴは愛おしい!数年後には大きく育っています。

※すべてのサンゴは、特別な許可を得て保護した沖縄産のものだけを株分けし、増えた分だけを移植に利用しているので、外来種を持ち込む危険性はありません。

※化学物質を一切使わない固定方法として、乾燥ヘチマを隙間に埋め込むという方法をとっています。

※移植サンゴ(枝状ミドリイシ)は成長が早く、1ヶ月でおよそ1~2cmほど成長します。 1年後にはかなり大きくなるため、成長がハッキリ確認できます。自分で移植したサンゴを半年後・1年後と見に来るのも楽しみですよ。

 

ケラマでのダイビング!

サンゴ移植をした後は、ケラマでのダイビングがおすすめ。 本島から高速船で約50分の距離にあるケラマ諸島は、高密度で多様なサンゴ・生物が生息し、2014年3月5日(サンゴの日)には慶良間諸島国立公園に指定されました。 ケラマで産卵した卵は本島まで流れ、そこで育ちます。ケラマはサンゴの故郷! ぜひ、サンゴを通じて海のつながりを感じてください。

サンゴは生き物のゆりかご。
慶良間の豊富な魚影

 

‟海の種” サンゴ養殖センター

映画「てぃだかんかん」のモデルとなった金城 浩二さんが代表を務める「海の種」サンゴ移植センター。 これまで、サンゴの移植・産卵は、世界でも例がありませんでした。金城さんは試行錯誤を繰り返し、移植に成功。2004年に世界で初めて、移植サンゴの産卵を確認しました。 まさにサンゴの楽園というべき施設!

たくさんのサンゴの苗木があります。
みなさん真剣に苗づくり。

その他、2000以上のエビ、カニ、甲殻類や熱帯の魚たちが棲む大水槽は圧巻!ここでサンゴの苗づくりも体験ですますよ。

 

スケジュール

初日 午前 羽田空港→那覇へ
午後 2ダイブ
(1本目に移植)
2日目 午前 2ダイブ
午後 1ダイブ(OP)
3日目 午前 サンゴの苗づくり体験
夕刻 那覇空港→羽田空港へ

 

ツアー条件

参加資格 アドバンスダイバー以上
ボート経験者
DAN-JAPAN会員の方 
事前受講おすすめセミナー ボートダイバースペシャルティー
サンゴ礁セミナー(店内にて開催)

ひと蹴り1本何百年!!

サンゴの中には、数百年を経て成長したと思われるものも存在しています。
1年で直径わずか0.5~2cm、高さ0.25~0.75cmしか成長しない種も多いのです。
ですが、中性浮力が取れないダイバーのひと蹴り“ボキッ!!”が、サンゴの何百年もの成長を止めてしまうこともあります。

 

お申し込みはパパラギ各店まで

ツアー日程

※ホームページ上の内容は、諸般の事情等により変更となっている場合がございます。お申し込みの際の最終基準は店頭にて発表しているツアー表、その他の印刷物などで訂正等行っていますので、必ずお問い合わせの上ご判断頂きますようお願い申し上げます。


お問い合わせ
お電話 無料説明予約 資料請求